歯科でインプラントを装着したあとは注意が必要!|歯周病の警告

医療器具

ケアが要

歯医者

インプラントを装着したことにより歯周病になり、歯科へ行く方は実に数多くいます。歯科医師からアドバイスを受けることで、正しい方法を学べます。歯髄炎なども起こさないように常日頃から注意しておきましょう。

» 詳細へ

歯周病から守る

院内

歯周病で細菌が集まる理由としては、歯垢が挙げられます。いわゆる食べかすです。しっかり歯を磨いて歯垢を除去しないと、そこで細菌が繁殖を行ってしまい、歯周病となってしまうのです。歯と同様に、インプラントの人工歯根は、硬くて歯垢が付着しやすいものである為、歯周病が起こりやすいと言われています。また、インプラントで起こる歯周病の場合は、通常の歯で起こる歯周病よりも早いスピードで疾患が進行していきます。インプラント歯周病が怖いのは、細菌がインプラント付近の歯茎を犯すことにより、インプラントの埋め込まれた顎骨にまで被害を及ぼすことです。骨まで被害が及ぼされると、骨髄炎が起こってしまうんです。

家ではしっかりとインプラントのケアを行うようにしましょう。自宅でもケアをすることで多少は歯周病や歯髄炎から歯を守れるからです。インプラントを装着する際、歯科医師からインプラントのケアについて説明を受けますので、歯科衛生士による正しい歯磨き指導、定期的な歯科での歯のクリーニング、そして正しい噛み合わの方法を学べます。これらを心掛けることで、インプラント歯周病を防ぐことが出来るんです。インプラント歯周病の場合は、通常の歯周病よりも症状に気づきにくいと言われています。それは、歯の周りで進行しない為です。神経のないインプラントですから、痛みを感じることはほとんどないのです。歯茎がどんどん溶かされていき、最終的には歯を支えられなくなり、歯が抜けてしまうのです。ですから、注意をしなければいけません。
池袋の歯科では検査や治療を行なってくれますので、池袋の歯科へ行くのも口腔内を守るポイントの1つです。

検査で進行を止める

治療

非常に恐ろしいインプラント歯周病は感染力が強いです。症状が進行するとインプラント自体を抜歯しなければいけませんので、定期的な検査が必要になってきます。歯科医院へ行き早期発見をしてもらう必要があります。

» 詳細へ

検査で分かる症状

歯科

インプラント歯周病から歯髄炎まで進行しないようにするために、検査を受けましょう。プローブやX線で病気を調べられます。歯茎の腫れや疼痛がある場合は、歯周病のリスクが極めて高いです。

» 詳細へ