歯科でインプラントを装着したあとは注意が必要!|歯周病の警告

医療器具

ケアが要

歯医者

この文章をお読みの方の中に、インプラントを歯科でつけてもらったという方もいるでしょう。例えば、事故や怪我、虫歯等によって抜歯を余儀なくされ、インプラントによって欠損歯を補填しているという方です。インプラントは、ブリッジや入れ歯とは違い、デメリットの少ない治療法で大人気です。また、歯列矯正でもインプラントが使用され、インプラント矯正と呼ばれています。そんなインプラントですが、全くデメリットがないというわけではありません。インプラントによって、歯周病が起こってしまうことがあるのです。インプラントというのは、顎骨に人工歯根を埋めて、人工歯冠を被せて作る人工歯のことです。人工歯である為、歯垢等が溜まりやすくそれが原因で歯周病になってしまうということも少なくないんです。歯科に、歯周病治療に訪れる患者さんの中にも、インプラントによって歯周病になった患者さんは多くいます。ですから、インプラントを使用した際には、歯周病にならないように、しっかり歯科医のアドバイスを受けてケアをしないといけないのです。

インプラント歯周病は病状が進行すると、確立した治療法がない為に、治療が難しくなってしまいます。進行が酷く、骨髄炎にまでなってしまっている場合は、更に治療は難しいといえるでしょう。ですから、インプラントを装着されている方は、定期的に歯科に通うようにしましょう。インプラントによって起こる歯周病の特徴、症状、治療、予防方法等を知って安全な治療を心がけましょう。せっかく欠損歯の補填として優秀なインプラントというものがあるのですから、歯科の推奨する正しいケアをして、長持ちさせて下さい。